目の上のたんこぶ

調布市


オパプラクティショナー
アロマセラピスト
ナース


minekoです


オパ | 元気と健康






寒中お見舞い申し上げます

今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)



さて、新年らしからぬブログタイトルですが(^^;




あなたは『目の上のたんこぶ』と聞くと何を思い浮かべますか?


特定の誰かを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?


苦手だと思ってる人、言動が気になる人、ライバルと思っている相手を思い浮かべる方もいるかもしれません





実はこの言葉、私が2019年に向けた施術をして頂いた時のリーディングで出てきました





私がこの言葉に対して持つ定義が
あまりにも意外だったのでシェアしたくなりました(^^)





私にとっての『目の上のたんこぶ』とは!?
















《自分が尊敬し、信頼していて大好きな相手への遠慮》でした!





そう、苦手な相手ではなかったんです(^w^)





自分がそう思う相手に対して、私はその人(や、その人の行っていること)を越える事はできない、という上限を勝手に設けてしまっていたようです




言うまでもなくこれは私の中だけでの話で、私にそう思われている相手の方々には何の意図も感情もありません





その方々にとっては実害はなくとも自分の存在が私の動きを(勝手に)制限していることになり、そう思われている事を知れば少なくとも良い気持ちはしないでしょう



何ともはた迷惑な話しです(*_*)





こんな面倒ではた迷惑なことをやってしまっていたのは、ひとことで言えば
今までの私のやり方、無意識の癖です





無意識でやっていることなのでまったく気づきようもなかったのですが
そう言われてみれば確かにやってる!と思えました(^^;




無意識の無駄な癖に気づけたなら、




尊敬し、信頼し大好きな相手はそのままに、
自分に対して何の制限もかける必要などなく、
そこには人としての違いが、
人それぞれが持つ役割の違いがあるだけなのだと続く言葉もす~っと自分の中に入ってきました






オパをはじめてから、自分でも知らなかった自分の思いや生きてきた中でやってきた癖などをたくさん知ることが出来ましたが、久しぶりに衝撃的に驚いた自分の癖のお話でした(^^;




新しい年のはじまり




思ってもいなかった自分の癖に気づいて自分の意志を確認できることは自分自身をスッキリとさせてくれました


ご興味あればオパ施術体験してみてくださいね(*^^*)
施術料金とメニュー変更のお知らせ - 【オパ】プラクテイショナーminekoのブログ

f:id:aloma-opa-mineko:20181017094002j:plain

何て日だ!って感じる日でも

何て日だ!って感じる日でも
ほんのちょっとしたことで幸せを感じる自分もいる。


他人にどんな振る舞いをされても
何かを試されているようにさえ思えるときでも。



どんな状況も自分が作るこの世界



起こったことに怒りや悲しみの感情を動かすのではなく



動いたとしても自分自身で起こったことへの解説やこれからへのアドバイス
今ここで出来る自分であって良かった♪



それに気づいたら怒りや悲しみが消えていた(*^^*)



あとはすっきりと自分の意志確認をするだけ


そうだった!
今月は私の断捨離月間だった!
そういうことか~!



私にオパがあって良かった♪
って思える夜( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆



ジンジャーのお風呂に入ってゆっくり眠ろう(^^)

12月スケジュール

調布市


オパプラクティショナー
アロマセラピスト
ナース


minekoです


オパ | 元気と健康




12月に入り、クリスマスを通り越してもう年末みたいな気分です(^^;



やり残した事があるような焦る気持ちと
新年への期待が高まるようなこの月



そんな12月の私のテーマは

『今、何をしたいですか?
躊躇はいらない
さあ、進みましょう!』



え~!そうなの~!(^^;
と、思う反面、そうだよな~と深く腑に落ちるのがオパです(≧▽≦)



さらに言えば、
来年は自分はどう進んでいくのか、
自分がやりたいこと、やりたくないこと、しっかりと選別する作業を今月中にすることで
新しい年を軽やかな自分で迎える事ができるようですよ♪



私も大掃除と共に自分自身の断捨離をしていきたいと思います♪



自分の断捨離って何をどうすればいいのか分からない、という方は
ぜひオパを受けてみてください



他の誰からでもない、ご自分自身からのヒントがもらえますよ(*^^*)



施術日は限られますが時間等、ご相談ください(*^^*)
******************

《12月施術日》


16日(日)、13:30~

17日(月)、10:30~、13:30~

22日(土)、13:30~

26日(水)、10:00~12:00


施術料金とメニュー変更のお知らせ - 【オパ】プラクテイショナーminekoのブログ


f:id:aloma-opa-mineko:20181205203950j:plain]

うふふ♪の強化~点描画ワークショップ~

調布市


オパプラクティショナー
アロマセラピスト
ナース


minekoです


オパ | 元気と健康




恵比寿で秋山峰男さんの点描ワークショップに参加してきました



気がつけば毎年1回、3年連続で点描画いてました(*^^*)


今回は1年10ヶ月ぶりの参加です



なぜだか最近、点描画が描きたいと思っていたので楽しみに参加させて頂きました



御年75歳の秋山さんですが、とてもそのお年を感じさせません(*^^*)



たくさんお話しをして頂きました(*^^*)



若者も高齢者もメリットデメリットがある

若者のメリットはパワーとインスピレーション
デメリットは経験不足

高齢者は整理整頓が得意
(いろんな意味で)

若者よ!メリットを生かさず行動を躊躇していてはもったいない!

40代の私も若者と思ってお話しを聞いていました(^w^)



また、言葉が話せないけれどアイスランドに2週間ホームステイされたお話しもありました

言葉が分からなくてもニュアンスでわかりあえる

動物を飼われている方は共感されると思いますが、飼い主は勝手にいろんな事を話しかけ、動物もニュアンスでそれを感じ反応してくれる

それと同じで
自分を子犬のように思ってやりきる!だそうです(*^▽^*)




それは自分の事を好きでないと、子犬にはなりきれないというのを聞いて、
自分というものを信じていてブレがない自分だからこそ、何者にでもなれるのだなあ、と感じました




結果、シャイで家族にもあまり笑顔を見せないその家のご主人を笑顔にしたり、
快適に楽しく過ごされたそうです



面白おかしくお話しされますが
秋山さんのお話しは軽やかでありながら
どこか胸にストンと落ちてきます




そしていよいよ点描画へ!



私の点描画を見て頂いたら、私は男性的で、
うふふ♪という感じが足りないそう(≧▽≦)

でも夢見る少女でもありたいようです



夢見る少女になりきれるよう、これからは、うふふ♪の強化をしていきたいなと思っています(*^▽^*)




3年間の作品を並べてみました

f:id:aloma-opa-mineko:20181202194856j:plain


左から、2016年、2017年、今日2018年

殻から出て、段々立体的に、軸が出来てきて磐石になってきたかな?




うふふ♪を意識して描いた今日の点描画がこちら

f:id:aloma-opa-mineko:20181202194750j:plain



うふふ♪も持ちつつ、ますますぶれずにこれからもいきたいな~
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

新しいステージ③

調布市


オパプラクティショナー
アロマセラピスト
ナース


minekoです


オパ | 元気と健康






前回の続きです


http://www.新しいステージ①.com/

http://www.新しいステージ②.com/





彼女のいる病院に足を運ぶ度に
今、自分には何が出来るのか考えていました

もう、あの時のような悔いる思いはしたくないから自分のためにそうしていました




私が持つ看護師としての経験やアロマトリートメントは、自分が思う以上に喜ばれ役に立ってくれました






いつも疲れはて、もうこの仕事を続けていくことは出来ないと思って区切りをつけた看護師の仕事でした





けれどそれが今大切な人のために役に立つ事が
自分にとって大きな喜びになりました





昼も夜もなくお世話をしてくださる看護師の方や各部署の担当の方達を見ると
それが仕事だと分かってはいてもただただ、感謝の思いが湧いてきました





自分が現場で働いていた頃に、ご家族の方から感謝の思いを言って頂くこともあったけど、それは嬉しかったけれど
必死過ぎてそこまで深くは自分の中に入っていなかったかもしれない
こんな思いだったのかなとふと思いました





当時も私なりに患者さんにもご家族へも
誠実に対応してきたつもりです





けれど初めてこんな経験をしてみて、まだまだ想像できなかった部分がたくさんあったなあ、と振り返りました





この経験を経た私自身として、もう一度もう少し看護師として人に関わることをしてみたいと思うようになりました






思い返してみると、私は現場に疲れはててはいましたが、自分の持つ能力を使って相手が喜ぶことが好きだったのだと思います







誰にでも個性はあるし、今までの経験や物事に対する自分なりの思いというものがあると思います





それは自分自身にしかないあなた自身が持つ能力です





能力とは自分が苦もなくできるようなことで、当たり前過ぎて気づきにくい、というお話しを聞いたことがあります




人から指摘されたら、いやいやいや、そんなこと?と反応してしまいそうな事も多いようです




私も今回の経験をするまで、人から言ってもらっても看護師としての自分はもう一区切りついた気持ちでいました





でもそうではなかった
オパの視点を持ち、アロマトリートメントが出来る手を持ち、看護師としての経験を生かせる今の自分がいました





それぞれ違うエネルギーの3つの手法を持つ自分がいました





何ひとつ否定するものはなかった





今回、自分の中に刻まれたことを通して





これからはひとつひとつは小さい事でも
世の中に少しだけ役に立つことを
していきたいと思いました





誤解を恐れずに言うなら
それは世のため人のために、だけではなく
これから悔いのない人生を生きていく
自分のために





私は今、自分が持てる能力を
出し惜しむことなくしっかりと使っていきたいと強く思っています





今、健康への道筋を歩いている彼女自身へも
彼女に力を貸してくださったり回復を信じていてくださるすべての方へも
会ったこともないのに回復を願って祈ってくれた私の友達にも
感謝でいっぱいです




本当にありがとうございます






今回の経験は
私を新しいステージへ押し出してくれた宝物になりました






初めての続き物ブログはこれで終了です

最後まで読んで頂きありがとうございました


f:id:aloma-opa-mineko:20180812000057j:plain

新しいステージ②

調布市


オパプラクティショナー
アロマセラピスト
ナース


minekoです


オパ | 元気と健康







前回の続きです



http://www.新しいステージ①.com/




彼女の意識がはっきりしてから
入院後はじめて彼女とゆっくり話をしたとき
オパリーディングメッセージのことを話しました




すごく納得できると話していました
特に生きるメッセージについてはその通りだと思う、と





死ぬつもりなど微塵もなかったと






話を付き合わせると
病院に運ばれる前後の記憶は飛んでおり
入院してからは途切れ途切れのようでした





呼吸器に繋がれた時が最も苦しく
意識のある人間によくこんな事をする、
と怒りを覚えたと話していました
一刻も早く取って欲しかったと





それはまだ意識は戻っていないと思われていた時ですが
オパのリーディングメッセージで聞いたとおりに
その時点で彼女は怒りを覚えるほど
生気に満ちていたことがわかりました




その証拠に(?)
臨死体験のようなものは何もなく
ちょっと残念、と笑っていました(^^)






意識を取り戻した、と判断されたところからはこちらの話とも辻褄が合いしっかりと覚えているようでした







大切な人の命の危機に直面したときに
私は今までの自分の知識や経験を必死で検索して情報を探しました





しかし冷静さを欠いた自分では
不安や悲しみがつきまとった情報しか引き出せませんでした






そんな時オパは高く広い視野で
悲しみではなく喜びにフォーカスした
アドバイスをくれました






それは感情に翻弄され悲しみにとらわれていた私に、大きな安堵としっかりと立つ足場をくれました





今回のオパでのやりとりを信じられない方もいると思います




そんなのは気のせい、ただの思い込みという方もいるでしょう

親族の中でもそういう人はいました




また、彼女とのオパでのアドバイスや、やりとりについてもケースによって違いはあり、すべての方が同じようにはならないとも思います





どちらが正しいとか間違いということはなく
オパによって彼女の生きる意志を
私が心底信じることが出来、自分自身を取り戻す事ができたという紛れもない事実があるだけだと思っています





③に続きます


f:id:aloma-opa-mineko:20180812000057j:plain

新しいステージ①


調布市


オパプラクティショナー
アロマセラピスト
ナース


minekoです


オパ | 元気と健康





この夏、私の大切な親族が命の危機に陥りました




幸いにも、彼女は自分の持つ底力を使って戻ってきてくれました




今は、自分の健康を取り戻すために毎日を前向きに過ごしています






この経験は私のこれからの人生に
大きく影響を与えてくれる出来事だったので
彼女の了承を得て忘れないようにブログに残しておこうと思います







今回の経験で、私の中に強く刻まれたことが三つありました




一つは、当たり前のように過ごしている毎日は
一瞬で変化することもある
決して当たり前ではないのだということ




二つ目は、いつでも悔いのない選択をすること
それは何よりも自分のためにそうすること




そして三つ目は、オパと出会っていて良かった!ということでした





呼吸器やあらゆる機器に繋がれ、話をすることも出来ない彼女を見たとき、私は涙を止めることが出来ませんでした




もう、彼女と話をすることは出来ないのかと思っただけで、後から後から出てくるもっとできることがあったのに、という自分への悔いが押し寄せてきて、駅でも電車でも溢れ出てくる涙を堪えるのが大変なほどで、病院に一歩入った途端に涙が流れ出てきました




私は看護師として働いてきた24年間のうちの20年間を病院で過ごしてきました

彼女の状態は長い間病院勤めをしてきた私にとっては、理解の出来る光景のはずなのにまさか自分がここまで動揺するとは思いませんでした




まるで感情の、それも悲しみのタガだけが外れてしまったようでした




自分を立て直さなくては何も出来ない、と思った私はオパでそれをしようと思いました




自分自身ではとても出来そうになかったので、オパ施術をして頂きました





施術をして頂いて、彼女が生きようとしている、というリーディングメッセージを聞き、私が出来ることのアドバイスを頂いたおかげで自分を立て直すことが出来ました





施術をして頂いている間に涙は止まり、
目の前がスッキリと明るくなっていきました




翌日彼女の元に行った私はもの言えぬ彼女の手を握り、アドバイス通りオパを使ってたくさんやりとりをしました




オパでのやりとりの中で彼女は、今の自分の体の状態について、何をしているか教えてくれました




それを完了するために丸2日はかかることや、私にいつまで居てほしいかなどのメッセージを私にくれました




その日にも、主治医からは非常に深刻な病状説明がありましたが、もう涙は出てきませんでした






彼女自身からのメッセージを信じる事が出来たから






その翌日、彼女の意識が戻ったと病院から連絡がきました






駆けつけた子供たちや私達を見て、彼女はニコッと笑いました







彼女はオパで聞いたメッセージ通りに





戻ってきてくれました






②に続きます

f:id:aloma-opa-mineko:20180811235743j:plain