【オパ】セラピストminekoのブログ

~私の【オパ】life~

人生の主導権は自分

こんにちは(^^)

【オパ】セラピスト
アロマセラピスト
ナース

minekoです♪

【オパ】とは? | 【オパ】


今日は小学校のPTAのお手伝いの日で息子と一緒に登校しました

あいさつ運動というもので登校しながらや、校門の前で子供達にあいさつをして見守るというもの



出かける用事もあったので、朝早いし
大変だなあ、とは思ったけれど、息子がいつも出る時間だとどのくらいに学校に着いてるのか確認したい気持ちもあり、
なんとなくその日を待ち構えていました



やってみたら思いがけないほどの新鮮さや発見がありました(*^^*)



この登校ルートは、私も学校に行くときには通っていましたが、時間帯や、目線が変わると道も変わるな~と感じました



坂道の途中、大きな声でご挨拶してくださる方がいると、あのゴルフ屋のおじさんはいつもあいさつしてくれるよとか、
いきなり吠えてきた犬はラブちゃんといって、この前も遊んだよ、今はママが知らない人だから吠えたんだよとか、
いつもここで時間を確認するんだよ
という場所は、工場の前の機器メーターの中にある小さなデジタル表示で、大人だったら絶対わざわざのぞきこまないような場所だったりとか(^w^)



子供の目線って面白いな~
だから帰りがあんなに時間がかかっていたのね~(^w^)

最近の子供はゲームばっかりしてて心配もあったけれど、子供は子供の目線でいろんなものを見てるんだなと、安心して楽しくなりました



校門に着いたら、開門はしていたけれど先生や保護者の方は誰もおらず、何となく何人か並んであいさつしてるイメージがあった私は一瞬あれ?と思ったけど、
校門の目の前の横断歩道のところでシルバーボランティアの方が一人で、子供達に大きくはっきりとあいさつを繰り返されていて、そうこうするうちに校長先生が、出てこられて一緒にあいさつをしました


開門時間を聞いたのをきっかけに、学校側の登校時間の考え方とか、今の状況
とか聞かせて頂くことも出来、短い時間でしたがたくさんの気づきを得られた貴重な時間になりました




今朝の一連の出来事で感じたことは
どんな事柄でも、目線や立ち位置が変われば見える世界も変わってくるし
また、自分が何を見ようとしてるのか、もっと言えば見たいのか見たくないのかまでをはっきりとしていれば結果はまったく違ってくるのだと思いました



あいさつをする人がいなければ自分が始めればいい
始めた瞬間にその場の世界は変わり、
見える世界は変わる


あいさつをしたくはないけど観察はしたければ、そうすればいいし、
すべては自分が決められる



そうだ!自分の人生の主導権はいつでも自分が持っているんだ!



という結論に至った朝(*^^*)
地域の方々、校長先生、そして息子よ
ありがとう♪



皆様良い1日を♪